サービス内容

機能一覧

書面作成支援機能β

  • ​必要な情報を記入することで司法手続き、本人訴訟時に使う書類を作成可能

  • フォームに『手続きを行う本人情報、起こったトラブル内容、なぜ手続きをしたいのか』等の理由を記入するだけ

書式テンプレート一覧

  • 本人訴訟に必要な書類・書式をテンプレートとして用意

  • 裁判所に提出する書類を一覧で網羅。提出を求められた際に必要な書類をすぐにダウンロード可能

  • 例文を参考に内容を書き換えるだけで利用可能

弁護士マッチング

  • Legal AIと協賛する弁護士ネットワークとマッチング

  • 専門家による対応が必要な案件も対応できる弁護士への相談窓口を用意

*弁護士法第72条に基づき、

弁護士の仲介業務はおこなっておりません。

 
​作成支援機能の利用の流れ
①フォームを探す
・情報開示請求
・被害届   
・支払督促  
​用途にあったフォームを選択
②入力
・時刻    
・金額    
・証拠情報 etc
​フォームに事件内容
の詳細を入力
③ダウンロード
​書類が完成!
管轄機関に提出できます

用途にあったフォームを選択し、フォーム内の質問事項に当該事件や訴えたい内容を記入するだけで管轄機関に提出可能な書類が作成できます。

様々な場面で利用できるフォームをご用意

被害届作成フォーム

事故や事件に巻き込まれた方も被害の事実を警察に申し出ないと事件として取り扱ってもらえません。本機能では本人情報、被害内容、犯人の情報を記入頂くだけで警察署に提出可能な書類が作成できます。

​発信者情報開示請求書作成フォーム

ネットに投稿された企業・個人への誹謗中傷への対策の第一歩は発信をした個人の特定です。そのためにプロバイダに対して情報開示請求書を作成し、提出する必要があります。
本機能では
本人情報、誹謗中傷の内容、開示請求に至る理由をご自身で記入するだけで書類が作成できます。

支払督促作成フォーム

個人・法人問わず金銭に関するトラブルは簡易裁判所に手続きをすることで法的効力をもった略式命令が下されます。本機能を活用いただくことで簡易裁判所に提出可能な書類が作成できます。

​その他にも司法手続き、本人訴訟で利用できるフォームを現在準備中です。

 

書式テンプレート一覧

Legal AIでは本人訴訟や司法手続きで利用する訴状や答弁書といった書類を一式ご用意しています。ファイルには参考文となるテンプレート文が記入されているので、ご自身の訴訟内容に書き直すだけで​提出できるようになっています。

書式テンプレート利用の流れ

①書式を探す
・訴状
・答弁書  
・証拠説明書 etc...
本人訴訟に利用する書式を
​網羅しています
②ダウンロード
​ダウンロード
​用途に合わせて必要な書式をダウンロードしてください
③書き直す
​書類が完成!
​テンプレート内の例文を参照し、内容を書き直して完成です

用途にあったテンプレートを選び、事件や訴えたい内容の詳細を書き換えることで管轄機関に提出可能な書類が作成できます。

弁護士マッチング

トラブルの内容によっては自分だけでは手に負えず専門家に相談し、手続きを進めたいという場面も発生します。そのようなことに備え、弁護士とのマッチング機能をご用意しています。

すでに書面作成支援や書式テンプレート機能を通じて書式の準備が終わっている場合、論点も明確となるため相談に乗る弁護士の負担も少なくなり通常よりも安価に対応してもらえることが見込めます。*

 

*相談内容に依ってはその限りではありません。

*弁護士法に基づきLegal AIへの仲介費用等は発生しません。
*本機能は準備中です。

 
弁護士マッチング利用の流れ
①問い合わせ
・相談内容    
・準備した書類  
・証拠情報 etc
​フォームに事件内容
の詳細を入力
②弁護士への通知
登録弁護士へ
Legal AIより問い合わせ内容を通知
​フォームに事件内容
の詳細を入力
③弁護士より返信
​相談内容を専門に扱う弁護士より連絡を返信
​*ご返信にはおよそ1 ~ 2営業日ほどかかる場合があります。

*本機能は準備中です。